たいせつにします プライバシー 17002231(02)

 

各種工業炉の設計・施工・コンサル

東京ガスエンジニアリングソリューションズでは東京ガス株式会社が開発した高効率の燃焼技術や長年の実績と経験を活かして、省エネ、省コストを追及した各種工業炉の設計、施工及びコンサルタント業務に関わるエンジニアリングサービスを提供しています。

低NOxリジェネバーナを採用した各種加熱炉及び熱処理炉

東京ガス株式会社が開発したバーナ本体に蓄熱体を内蔵したコンパクトな一体型のFFR低NOxリジェネバーナを採用した各種溶解炉、各種加熱炉、各種熱処理炉、各種焼成炉、ベル型焼鈍炉、マッフル炉及び取鍋予熱装置等の実績があります。

アルミニウム揺動溶解保持炉

  1. 1)歩留り向上
  • 揺動撹拌による湯温の均一化
  • 浸漬溶解(バーナ火炎が材料に直接当たらない)
  • 炉内負荷の低減:炉内雰囲気温度平均878℃

以上より酸化物生成を抑制し、歩留り向上が期待できます。

  1. 2)省エネルギー

溶解原単位1,700 MJ/t-Al(407,000 kcal/t-Al)
昇温スピード:0.9℃/min(溶解室湯温)

  • 最大効率時における溶解原単位
  1. 3)高品質溶湯

ウェル室溶湯面高さの中間位置からのタップ給湯と自然オーバーフローでの給湯を行うことにより、溶湯表面でなく湯面下の清浄な溶湯を供給します。給湯室への酸化物流入を極力防ぐ構造のため高品質の溶湯が得られます。

  1. 4)リジェネレイティブバーナの採用

排熱回収により、大幅な省エネを実現
排ガス温度:200℃以下

工業用バーナ・工業炉の調査・計画・設計・施工

"環境問題"への誠実な対応で、責任ある技術
省エネルギーと環境保全を両立する燃焼技術は、地球規模でその取り組みが急がれています。東京ガスエンジニアリングソリューションズでは、都市ガスを利用する工業炉・工業用バーナなどのエンジニアリングにおいて、燃焼管理・制御管理分野の技術とともに、あらゆるコンサルティング<省エネルギー・大気汚染防止など>に、高度で責任ある技術を提供しています。

営業内容

リジェネバーナ(FFR,FFRTバーナ)・シングルエンド型ラジアントチューブバーナ(SERTバーナ)

製造・販売

ページトップ