たいせつにします プライバシー 17002231(02)

 

エネルギーサービスプロバイダー(ESP)と受託サービス

導入の選択肢は2つ、ESPと受託サービス

エネルギーサービスには、2つの選択肢(=パッケージ)があります。

「エネルギーサービスプロバイダー(ESP)」は、

  • 省エネ診断に基づく最適エネルギーシステムの提案・設計
  • 資金調達
  • ガスコージェネレーションなどの設備工事
  • 燃料調達
  • 24時間365日の遠隔監視
  • メンテナンス
  • 運転管理など

エネルギー供給に関する一切の業務を私たちが担当します。供給メニューも電気、ガス、蒸気、冷温水、そして水と、幅広くニーズ対応。至れり尽くせりの"おまかせ"エネルギーサービスです。
一方、受託サービスは、燃料調達をお客様にて実施頂くサービスです。

エネルギーサービスプロバイダー(ESP)と受託サービスの比較

エネルギーサービスプロバイダー(ESP)と受託サービスの比較

お客さまが自己投資により設備導入した場合とのリスク比較

お客さまが自己投資により設備導入した場合とのリスク比較

ページトップ