たいせつにします プライバシー 17002231(02)

 

TBM・DMS検知管

ガス中の付臭剤濃度を簡単・高精度に測定する

主な特長

  • 都市ガス中に含まれる付臭剤、t-ブチルメルカプタン(TBM)とジメチルサルファド(DMS)の添加濃度を誰でも簡単、迅速に測定できます。(測定時間 約3分)
  • 付臭剤濃度の高精度な測定値が得られます。(±10%以下)
  • 液化天然ガス(LNG)を主原料とした都市ガスに利用できます。
  • 外観・性能などはJIS K 0804「検知管式ガス測定器」に準拠しています。

商品標準構成

1箱 5回分
有効期限 2年(冷蔵保存)

反応原理

TBM検知管 (CH3)3CSH+HgCl2(黄色)→(CH3)3CSHgCl+HCl
HCl+塩基→塩化物
DMS検知管 (CH3)2S+KMnO4(桃色)→反応生成物(淡黄色)

測定方法

TBMおよびDMS検知管の両端を折り取り、Cマーク側を付属のゴム管でつなぎ、1回吸引(100ml)で使用する。

  • 本製品のご使用に際しては、製品に付属している取扱説明書を必ずお読みください。
  • 性能改善のため記載内容につきまして、予告なしに変更する場合があります。

ページトップ