たいせつにします プライバシー 17002231(02)

 

新宿新都心

供給床面積226万m2
世界最大級の地域冷暖房センター

所在地:東京都新宿区西新宿
プラント構成:ボイラ、冷凍機、コージェネレーション設備
供給エリア:336,000m2

新宿駅西口一帯に広がる新宿新都心は、淀橋浄水場跡地を再開発し1971年の京王プラザホテル様開業を皮切りに、日本における超高層ビル街の先駆けとしての歴史を刻んできました。新都心地域冷暖房センターはこの地区の冷暖房を一手に担い、快適な都市機能を支え続けています。1991年、東京都庁の移転に伴って現在地へプラントを移設。冷却能力214,720kW(61,000RT)、加熱能力139,055kW、供給延床面積226万m2を誇る世界最大級の地域冷暖房センターです。2012年12月から東京都庁舎に3000kWの電気供給を開始し、2013年より隣接する西新宿一丁目地域冷暖房センターと熱導管を接続して熱融通を行っています。さらに、2018年には7,800kWのガスコージェネレーション2基など導入するなど、リニューアルを工事を完了し、低炭素な街づくりに貢献しています。

東京都庁への電力供給。
電源の多様化により、エネルギー・セキュリティの信頼性を向上

2012年12月より、新宿地域冷暖房センターから東京都庁へ、ガスコージェネレーションで発電した電力を、地域配管トンネル内に敷設した専用の送電線を通じて供給しています。
空調や給湯に使う冷温熱の供給とともに、電力供給の多様化も実現。災害発生時も機能を止められない都庁舎のBCP(事業継続計画)にも貢献しています。

熱融通による省エネの推進

2013年3月より、供給エリアが隣接する、西新宿一丁目地域冷暖房センターへ熱融通を開始。新宿地域冷暖房センターの高効率設備を優先して運転することで、西新宿一丁目地域冷暖房センターの一部設備を停止することが可能になり、トータルでの省CO2、省エネルギーを実現しています。

多様な機器構成によるベストミックスで信頼性の高く、高効率な供給を実現

ガスコージェネレーションシステムと発電時の廃熱を無駄なく使う、ジェネリンクの活用により、エネルギーの有効利用を実現しています。
また、電力需要のピークと重なる、冷房のピーク時も、ガスコージェネレーションで発電した電力で電動ターボ冷凍機を稼働させたり、大容量の蒸気駆動復水タービンターボ冷凍機を稼働することで、系統電力のピークカットも貢献しています。

ボイラ

型式 能力 蒸気圧力 基数
水管式ボイラ 165GJ/h 60t/h 2基
82GJ/h 30/h 1基
貫流式ボイラ 16GJ/h 6t/h 3基
ガスタービンCGS排熱ボイラ 19GJ/h 8.2t/h 1基
ガスエンジンCGS排熱ボイラ 8GJ/h 3.446t/h 2基
合計 495GJ/h 183.092t/h

冷凍機

型式 能力 基数
復水タービン・ターボ冷凍機 126GJ/h 10,000RT 3基
50GJ/h 4,000RT 1基
36GJ/h 3,000RT 1基
電動ターボ冷凍機 63GJ/h 5,000RT 4基
二重効用吸収式冷凍機 26GJ/h 2,000RT 2基
ジェネリンク
(単効用温水吸収式冷凍機)
予冷機のため供給能力に含まず
13GJ/h 1,000RT 2基
合計 768J/h 59,000RT

コージェネレーション設備

型式 発電能力 基数
ガスエンジン 7,800kW 2基
ガスタービン 4,500kW 1基
合計 20100kW 3基

ページトップ