先輩インタビュー

エンジニア

古澤 淳史

所属:パイプライン技術部
インタビュー:2019年
入社年:2016年新卒入社新卒入社

成果がカタチになる、それが喜びです

マネジメント力の大切さを実感

私が担当しているのは「高圧ガバナステーション」です。ここは、高圧で送られてきた都市ガスをお客さまのもとへ届けるために減圧する施設。主に施設内設備の入れ替え工事で配管設計、配管材料の選定・購買から予算管理、工程調整までを行っています。
学生時代は機械工学科でしたので、それなりに自分の知識を活かせると思っていたのですが、技術だけでなくマネジメント力が必要だと痛感しました。私たちの仕事は、電気、計装、建築などさまざまな業種の担当者や協力会社とともに進めていくため、皆とコミュニケーションを取り、全体を見て最善を図る、そんな調整や管理が重要だからです。やっと最近、一連の流れが見えてプロジェクトを動かせるようになってきました。

TGESらしい職場環境が魅力

上司や先輩方から仕事に対する姿勢を学び、刺激を受けています。経験豊富な人が多く、発想やノウハウなどが人によって異なるため、いろいろ参考にしながら「いいとこ取り」で自分なりのやり方を構築していくことができます。
また、先輩方は忙しい中でも部下への面倒見がよく、入社当初は設計段階で土木や建築の知識不足で苦労したときや、ガス事業法の法律に伴う各種書類の作成・届出など、丁寧に教えてもらいました。そして、ある時期からはフォローしながらも任せられるようになり、とてもやりがいを感じつつ、責任感を持って仕事をしています。こうした職場環境が、東京ガスエンジニアリングソリューションズの魅力のひとつだと感じています。

知識を広げて、提案できるエンジニアに

施設には、実にさまざまな配管や機器が必要になります。これらすべてが一体となって機能するために、トータル的な視点で工事計画や配管設計を行い、工事着工後は現場と協力し合って工程を進めていく。こうして無事に出来上がったものを見ると、なんとも言えない達成感があります。自分たちの仕事の成果がカタチになる、というのがこの仕事の醍醐味ですね。
今後の目標として、施工時の安全や品質向上のポイントを設計に反映するとともに、所長として現場責任者となれるよう施工管理の資格取得を目指します。そして、もっと知識を深めてお客さまの要望に応えることはもちろん、より低コストで高品質な設計・施工などを積極的に提案していけるよう努力していきます。

INTERVIEW

  • 社内でいちばん好きな場所は? 窓際の打ち合わせスペース。旧芝離宮恩賜庭園の緑が見渡せる眺めのよさが魅力です。
  • あなたが誰にも負けない!と自信があるところは? 粘り強さ。分からないことは納得いくまでとことん調べたり、考えたりするようにしています。
  • 仕事をする上で大切にしていることは? お客さま目線で考えること。完成後に、お客さまがどのように使用するのかをイメージして設計に反映することが大切だと思っています。
  • 休日の過ごし方/ストレス解消法は?

    銭湯に行くのがストレス解消法。近所の銭湯でゆっくりと湯船に浸かり、夜風にあたりながらちょっとだけ遠回りして帰るのが好きです。今度、少し足を伸ばして日帰り温泉にチャレンジしてみます。

  • 就職活動中のみなさんへ!

    就職はゴールではなくスタートです。知識は、仕事を進めながら学ぶことができます。ぜひいろいろな業種・職種を見てみてください。意外なところに活躍できる場所が見つかるかもしれません。

エネルギーアドバンス(ENAC)と東京ガス・エンジニアリング(TGE)は2015年4月統合し東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社(TGES)になりました。本文中の社名もインタビュー当時のものです。

ページトップ