先輩インタビュー

設備管理・メンテナンス

寺島 裕

所属:カスタマー技術部
インタビュー:2014年
入社年:2011年新卒入社新卒入社

トラブルを未然に防ぐ責任を負っています

社会貢献度の大きいエネルギー業界の中から、セレクト。

就職活動を始めた頃は、ものづくりで社会に貢献したいとの思いからメーカーを志望していました。業界研究をしていく内に次第に社会貢献度の大きいエネルギー業界に携わりたいと感じるようになり、関連企業を探しているうちにエネルギーアドバンスを知りました。
エネルギーアドバンスはオンサイトエネルギーサービスという個別ニーズに合わせたエネルギーソリューションを幅広く提供するという社会貢献度や、設備の設計・施工から運転・保守管理まで行う技術力の高さなどに魅力を感じて入社を決めました。

トラブルを起こさないことが、仕事。

お客様のユーティリティー(電気、熱など)を安定的に支えることが主な仕事で、現在は化学工場や製造工場などのお客様に導入いただいた、コージェネレーション設備(CGS設備) の設備管理・メンテナンスを担当しています。メンテナンス計画は、メーカーや協力会社の方々と協力して、約2カ月位かけて作成します。私たちの使命のひとつはトラブルの未然防止。お客様に常に安心してエネルギーを使って頂くためには定期的な点検が重要です。トラブルを起こせば、週末や夜間を問わず緊急な対応が求められる仕事です。また、現場作業も多く、現場では現場責任者として責任重大ですが、無事メンテナンスを終え、設備が安定稼働したときの達成感にはとてもやりがいを感じています。

苦労が報われた瞬間が、最高のよろこび。

入社して2年目で初めて、製造工場の大規模CGS設備(LNGサテライト・CGS・貫流ボイラー)の定期点検工事を担当することになりました。工場の定期点検ではユーティリティーを停止するため製造設備の停止時間を極限まで短くすることが求められ、綿密な計画書を作成するのが大変でした。経験不足も重なって、計画が作成できたのは点検実施1 週間前。幸い大きなトラブルもなく無事終了。最終日にはお客様から「短期間で設備が無事起動できたよ、ありがとう」とのお言葉を頂けた時は本当に嬉しかったことを覚えています。今後は、大規模プロジェクト(海外含む)の設計・施工段階から最適なメンテナンスを考えた設備運用提案ができるようになりたいと思っています。

INTERVIEW

  • オフの過ごし方は? ツーリングと買い物とスノーボード。
  • ストレス解消法は? ツーリングと買い物と同期との飲み会をすることで、ストレスを発散しています。
  • 座右の銘・信条はありますか? 「初心忘れるべからず」
  • あなたが思う東京ガスエンジニアリングソリューションズらしさって何ですか。

    スマート且つ、情熱を持った会社であると思います。スマートな面とは、一つとして同じ仕事が無く、お客様によって異なるニーズに答えるため、営業・設計・メンテナンスが一丸となり最適なソリューション提案をスピードを持って行うところです。また情熱的な面とは、メンテナンスに関しては、不具合に関しての妥協はせず、解決するまで徹底的にメーカーとの折衝に取組むところです。

  • 将来の夢・希望・やりたいことってなんですか?

    大規模プロジェクト(海外含む)の設計・施工段階から最適なメンテナンスを考えた設備運用提案ができるようになる事です。

  • 就職活動中の学生さんへのメッセージ

    私の就職活動中は、あらためて自分と向き合う良い機会でした。特にやりたいことが漠然となってしまっている方は、自己分析に時間をかけて見てください。きっと自分にとって大切だと思うものや魅力的な仕事とは何かが見えてくると思います。就職活動は周囲の動きに左右されて焦りがちになり易いですが、本当に自分のやりたい事をまず明確にする事が大事だと私は感じました。自分のやりたいことに確信を持って、後は面接でその思いを精一杯出し切って下さい。
    就職活動頑張ってください。

エネルギーアドバンス(ENAC)と東京ガス・エンジニアリング(TGE)は2015年4月統合し東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社(TGES)になりました。本文中の社名もインタビュー当時のものです。

ページトップ