たいせつにします プライバシー 17002231(02)

 

地域エネルギーサービス

地域冷暖房からスマートエネルギーネットワークへ「熱」だけでなくあらゆるエネルギーを有効活用し、環境にやさしい街作りをサポート。

ひとつのエネルギープラントで、冷水・蒸気・温水などの「熱」を作り、一定エリア内の複数ビルに冷暖房や給湯を行う「地域冷暖房」。40年以上の実績を持ち、エリアによって電気も効率的に提供しています。その中心となるサービス「地域冷暖房」は、「スマートエネルギーネットワーク」へと進化しています。あらゆるエネルギーを活用し、低炭素・環境負荷を抑えた街作りをサポートしています。

地域エネルギーサービスの特長

  • 特長.1

    未利用・再生可能エネルギーの有効活用

    熱・電気・情報のネットワークを構築。高効率のガスコージェネレーションシステムの導入により、未利用・再生可能エネルギーの出力の不安定さを補完し、エネルギーを最大限活用する事が可能となります。

  • 特長.2

    地域におけるBCP(事業継続計画)強化に貢献

    ガスコージェネレーションシステムなどの自立運転、熱源のベストミックスにより、停電時にも熱と電気を継続的に供給することが可能。地域におけるエネルギーセキュリティの向上を図ります。

  • 特長.3

    地域の需給最適制御による低炭素社会の実現

    ICT(情報通信技術)を活用し、各建物の需要情報、プラントの供給情報、気象状況等の外部情報を収集・分析。エネルギー需給の一括管理・制御をし、エネルギーの「見える化」を図り、地域の低炭素化を実現します。

  • 特長.4

    都市景観の向上および省スペース化

    エネルギープラントに主要設備を集中配置するため、都市景観の向上に貢献します。
    また、各建物では熱源機が不要になり、スペースを有効活用できます。

ページトップ