たいせつにします プライバシー 17002231(02)

 

エネルギーサービスの歴史と業界の動向

ESCO手法を汲んだソリューション、オンサイト・サービス

オンサイト・エネルギーサービスとは、文字どおり"オンサイト"――すなわちお客さまの"事業所内"に配したコージェネレーションなどの分散型設備により、実現するエネルギー供給サービスのことを指します。
電力会社などによる大規模集中電源に比べ、電力流通ロスが格段に少なく、高いエネルギー利用効率で良質な電力を確保できるなどの特長を有します。
オンサイト・エネルギーサービスのビジネスモデルとしての起源は1970年代、米国に誕生した省エネ改修ビジネス「ESCO」(エスコ:Energy Service Company)にあります。その流れを汲んだエネルギーサービス分野において、私たちは前身のエネルギーアドバンス設立から10年以上、多くのお客さまのお手伝いをさせていただいてきました。

ESCOのあらまし

省エネ改修・成果保証型のエネルギービジネス。

オイルショック直後の1970年代、米国において省エネ時代に即した新たなエネルギービジネス「ESCO」が立ち上げられました。その基本的な仕組みは、お客さまの保有するエネルギー設備にESCO事業者が省エネ改修を施し、成果を保証する代わりに、省エネ設備導入や設備改修によって生まれたエネルギーコスト削減額の中から事業者が一定の報酬を受け取る、というものです。
日本では一足おくれて、1990年代後半に入ってから産業界を中心にESCOへの注目度が高まりはじめます。
その後、省エネ・CO2排出削減という時代の流れを受けて一気に普及が進みます。産業界にとどまらず、病院や公共施設、学校などにも導入の動きが広まっていきました。

東京ガスエンジニアリングソリューションズの取り組み

エネルギーサービスプロバイダー(ESP)としてのサービス提供。

私たちは、自らをエネルギーサービスプロバイダー(ESP)と位置づけ、ESCO派生型事業に取り組んできました。ESPは、(1)サービスの中に燃料の調達が組み込まれる(2)必ずしもパフォーマンス契約を必要としない――の2点においてESCOオリジナルとは多少、内容を異にします。
ESPでは、燃料調達なども含めてお客さまが希望されるカタチで総合的なエネルギーサービスをお届けしますが、サービスの主眼は省エネよりもむしろ、エネルギーの安定供給におかれます。したがってパフォーマンス契約を結ぶ必要もありません。反面、燃料を調達するリスクや設備を所有・運用するリスク、故障・メンテナンスに伴うリスク、エネルギー価格変動のリスクなど、ほとんどのリスクを事業者たる私たちが背負います。お客さまのリスク負担排除に徹底配慮したエネルギーサービス、それがESPなのです。

東京ガスエンジニアリングソリューションズの使命

お客さまと社会、今と未来へ役立つエネルギーサービス事業展開。

東京ガスエンジニアリングソリューションズの前身エネルギーアドバンスは、2002年、東京ガスからの分社によって誕生しました。
省エネ・CO2排出削減による環境性向上、省コストによる経済性改善、アウトソーシングによる省力化、アセットのオフバランス化といった多様なニーズに向き合いつつ、エネルギーサービス事業を展開。設計・施工から運用・管理、メンテナンスまでを一括してまかせられる「ソリューションプロバイダー」として全国のお客さまから広くお認めいただき、エネルギーサービスのリーディングカンパニーとして、多くの実績を積み重ねてきました。
東日本大震災を受け、日本でのエネルギーを取り巻く状況は大きく変化・変動しました。特に、原子力発電所事故や電力需給問題を契機に、エネルギーのあり方が改めて問われており、安心・安全な生活を支える分散型電源やエネルギーセキュリティ強化の重要性は、広く一般的な概念となりました。エネルギーの安定供給の確保を最優先に取り組む中で、省エネルギーの強化、再生可能エネルギーの導入拡大など、各企業におけるエネルギーに関する重要性や社会的責任は大きくなっています。また2016年4月の電力全面自由化、2017年4月の都市ガス全面自由化により、お客さまのエネルギーに関する選択肢はますます広がってきており、全体最適を図ることが更に難しくなっていきます。
TGESはそういった社会情勢を踏まえ、エネルギーのプロフェッショナルとしてお客さまに寄り添い、今後も使命感をもって、よりいっそう社会に役立つサービスの開発・提供を目指していきます。

ページトップ